本の相談員の本棚

誰かが見てるかもしれませんが、 目的はメインブログのバックアップです。

2014年11月

紹介する本はこちらピヨ

家族しあわせ発見! 「ほめ日記」/三五館
¥1,404Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
著者の手塚さんより送って頂きました。

ありがとうございます!

著者のブログ → こちら

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

自分の命の「幸せ感覚」を目覚めさせ、家庭内によろこびを引き寄せる。
毎日、自分をほめるだけ。「ほめ日記パワー」で、なりたい自分になる。
自分の体や命に感謝を伝える「フィーリング・トレーニング」と併せて効果倍増。

≪気になる部分の抜粋≫
●自分という存在が“ある”のに、自分の気持ちを抑え込んで“ない”
 ことのようにして、“自分不在”の状態を作っているのは、自分を
 大切にしていないということです。大切にしないどころか、まるで
 自分を無視するような生き方は、「自分を粗末にしている」とも言えます。
 このような“自分の扱い”を無意識のうちに続けてしまう(自分を
 ないがしろにするクセ)を変えるためには、「まず自分」に優しい
 まなざしを向けて「ほめる練習」が必要になってくるのです。

●「ほめ日記」をつけて毎日自分にほめ言葉を与えていると、
 自己否定感は徐々に出てこなくなります。気持ちが明るくなれば、
 自ずと行動が変わり、思考が変わります。自信がつき、やる気が
 出てきます。家族の「だれか一人」がこのように変化したら、
 家庭内にプラスをもたらさないわけがありません。

≪感想≫
いかがでしたか?

「ほめる」ってみなさんどうですか?
他人と自分ではどちらがほめやすいですか?

僕は他人をほめるほうがラクなんです。
やはり自分に厳しい面があり、
結局は他人にも厳しいという状況になっているような・・・

なぜ、自分が簡単にほめられないのか?

自分に自信がないんでしょうね。
簡単にできたことや当たり前のことは
出来て当然なので、ほめることはないような気がします。

本書は、当たり前に出来たことも含めて
自分をほめて、認めて、自己肯定感・自己重要感を
高めていくことを目指していると思います。

本書でも触れていますが、ペンとノートさえあれば
始められます。1日を振り返って、自分をほめるだけ!
多少、こうしたほうがいいよ!という長年培ってきたルールは
あるものの、簡単に始められますよね^^
あと1冊、著者の手塚さんに頂いております。
その1冊は次回、紹介予定ですので、
また次回お会いしましょう~

この記事を読んで、1つでも自分をほめてみて下さい!

「○△で俺(私)ってすごい!」って!!

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ ほめ日記を始める!

≪最後に一言≫

★ だらけて、この記事を書くのを1日先に延ばそうとしたけど、
  延ばさずに、予定通りに書いた俺って、すごいやん!!

≪レビューを見る・購入する≫
家族しあわせ発見! 「ほめ日記」/三五館
¥1,404Amazon.co.jp

最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

使える経営学/東洋経済新報社
¥1,728Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
著者の杉野さんより送って頂きました。
ありがとうございます!

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

「役割」「選択肢」「条件」「関係性」=アンラーニングの4つの型、吸収能力(absorptive capacity)、粘着する知識(sticky knowledge)、
ソーシャルサイド・クリエイティビティ、ユーザーイノベーション、
ダイバーシティの罠…固定観念をリセットし、考え抜く力を身につける。

≪気になる部分の抜粋≫
●企業の方とお話していると、事業環境が○○だからなんとか
 しなくてはいけない、と話す方が少なからずいます。
 しかし、そもそも事業環境によって組織の命運がすでに
 決まっているのであれば、経営戦略を考える必要なんてありません。
 経営戦略を考えることとは、事業環境は当然踏まえつつも、
 結局は自分がどうしたいかを考えることにホカなりません。

●「これまでの局面」の仕事をよりうまくやりたいのであれば、
 なにも経営学を学ぶ必要はありません。むしろ、これまでの

 職場で経験を積むことを優先するのが合理的です。
 極端なことをいえば、「新しい局面」に向き合う仕事をしている
 人や、将来的にしたい人だけが、経営学を学べば良いのでは
 ないかと私は思っています。

●新しい局面での問題解決で求められるのは、特定の仮設に
 飛びつくことではなく、仮説が見えてもそれを冷静に脇に
 置いておきながら、その解がおぼろげにも見えない暗闇の
 さらに奥深くに向かって思考を続ける力です。

≪感想≫
いかがでしたか?

まず、本書の絶対キーワードである「アンラーニング」
この言葉が何度も何度も出てきます。
僕は本書を読むまで、「アンラーニング」の意味すら
わかりませんでした・・・

「アンラーニング」とは?
いったん学んだ知識や既存の価値観を批判的思考によって
意識的に棄て去り、新たに学び直すこと。
日本語では「学習棄却」「学びほぐし」などと訳されます。
個人や組織が激しい環境変化に適応して、
継続的な成長を遂げるためには、
いわゆる学習(ラーニング)と学習棄却(アンラーニング)という、
2種類の一見相反する学びのプロセスのサイクルを
たえず回していくことが不可欠とされます。

新しい仕事に取り組むと
だんだん慣れていきます。
この「慣れ」は経験値として
蓄積される一方、
こうすべきという「固定観念」にもなります。

この「固定観念」に縛られると
自分ではもう当たり前になり、
気づかないことも多いと思います。

外からニュートラルな人に
指摘されて、気づくこともありますし、
指摘を受け入れられないこともあるでしょう。

この固定観念が経営者レベル、組織レベルで
こびりついていると、変化の早いこの時代で
会社や組織の崩壊を招きかねないかと・・・

本書ではいくつかの企業の例も使いながら、
・アンラーニングとは?
・経営学は役に立たないお飾りの学問なのか?
 (著者の答えはNOです)
・問題解決のプロセスは?
以上のようなことが学べると思います!

興味のある方は、ぜひ、読んでみてください^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 固定観念をリセットし、考え抜く力を身につける!

≪最後に一言≫

★ ちと、専門用語や横文字が多く、
  こういう分野に慣れてないから
  勉強しなきゃ!と思いました・・・orz

≪レビューを見る・購入する≫
使える経営学/東洋経済新報社
¥1,728Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

買い物依存症OLの借金返済・貯蓄実践ノート/合同フォレスト
¥1,512Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
著者の西村さんより送って頂きました。
ありがとうございます!
著者のブログ → こちら

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

借金返済に必要なのは、たったの2つ。目に見える「明確な目標」を掲げ、
やるしかない、という「強い決意」をすること。―「えっ、これだけ!?」と思われた方も多いはず。確かに、どちらも目新しいことではないのです。しかし、いざやろうと思うと「むずかしい」のではないでしょうか。本書を読んでいただくと、決してむずかしくはないと分かるはずです。借金を完済するだけでなく、貯蓄体質に生まれ変わるコツをふんだんに載せました。これを機にお金の悩みを解消し、新たな人生を切り開いていきましょう!

≪気になる部分の抜粋≫
●「目標を達成できたらどんな人生になっていますか?」
 世の中の多くの人達が、ほんの小さな目標さえも達成することができずに
 悩んでいる中、自分の力でそれを成し遂げることができたのですから、
 素晴らしいですね。自分で自分をほめてあげましょう。
 あなたはもはや過去のあなたとは違っていると思います。
 考え方も変わり、行動も変わっているはずです。もしかしたら、
 人付き合いなど周りの環境も変わっているかもしれません。
 それはあなたが成長している証拠です。

●人は人生でたくさん失敗をするものだと思います。失敗して初めて
 わかることもありますよね。それが失敗だとわかっただけいいと思うのです。
 そうすれば次回からはまた違う方法で試せます。いろいろ経験して
 蓄積してきた失敗の数だけ、次はうまくいく可能性が高くなりますし、
 その経験を他の誰かのために役立てることもできます。

●変化を受け入れた人だけが、新しい人生を受け入れることができます。
 自分の人生を変えようと試行錯誤し、現状から脱しようとしているので
 あれば、あなたはそれを手に入れる資格があるのです。

≪感想≫
いかがでしたか?

本書は、「著者の自伝」+「自己啓発書」という感じでしょうか。

買い物依存でクレジットカードで
無計画でどんどん買い物をし、
あれよあれよで500万円の借金を
背負ってしまいました。

借金を背負った背景には
幼少期の環境が起因していることも
書かれています(詳細は本書で)

「これではいけない!」と
一念発起し、借金を返すことになります。
具体的な返済方法はこれまた
本書に任せますが、やはり
長年こびり付いた「お金」への
一種のだらし無さからどう脱却し、
貯金体質にマインドを作り変えたのか?

ここらへんはもう、自己啓発要素が満載で、
お金に限らず、ダイエットや禁煙・禁酒など
嗜む程度ならいいのですが、過度な依存で
苦しんでいる人には、脱却するヒントが
いっぱい詰まっていると思いますよ!!

人間は良い習慣でも、悪い習慣でも
「現状を維持」しようとする機能が
備わっていますので、脱却するのは
そう簡単なことではありません。
著者の西村さんもかなりご苦労されたと
思いますし、元々から著名な方ではない
普通の方がここまで自分の治したい部分を
改善しているというのが説得力というか
親近感というか、、、
非常に読みやすいと思います。

「私、大きな借金ないし~」
「買い物依存じゃないから~」
関係ない!って方もなにかしら
悪い習慣を治したいと思っている部分は
あると思いますので、本書の借金部分を
その悪習慣に読み替えて
ぜひ、一読してみてください^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 目に見える「明確な目標」を掲げ、
   やるしかない、という「強い決意」をする!

≪最後に一言≫

★ 家のローンも一種の借金なので、老後のことも考えて
  浪費を抑え、貯金体質に変えていきたいな^^;

≪レビューを見る・購入する≫
買い物依存症OLの借金返済・貯蓄実践ノート/合同フォレスト
¥1,512Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか? この「ひと工夫」が一流の人生を作る。/翔泳社
¥1,296Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
R+(レビュープラス)さんより送っていただきました。
ありがとうございます!
レビュープラスさんとは? → http://reviewplus.jp/


≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

約束の時刻までの間に、密度の濃い情報収集ができる。
遅れた相手に「本を探してたからちょうどよかった」と伝えられる。
本をきっかけに、初対面の相手とも、会話をスムーズに始められる

≪気になる部分の抜粋≫
●常識や固定観念は他の誰か解釈にすぎません。
 今日の常識が明日も通用するとは限りませんし、
 今日は通用しなかった方法が明日はビジネス活性の
 起爆剤になるかもしれません。(中略)
 自分にとって「常識」と感じられるときほど、
 別に見方ができないかと視点を変える習慣をつけるようにしましょう。
 すると工夫すべきポイントが見えてきます。

●「え~知らないんだ」「常識でしょ?」などとは言ってはいけません。
 私たちは横並びではないと不安になる、人の言動が気になって
 仕方がないところがありますから、このような反応をされると、
 自信を失ってしまいます。いくらそのことに詳しくてもしゃべりすぎたら
 嫌われます。バカになりつつ知識はほどほどに共有する。
 相手をバカにする人がバカ、バカになれる人が利口なのです。

●ダイエットが成功するのなら、仕事でも成功する可能性があります。
 仕事ができる人ならば、ダイエットもできます。
 ダイエットへの挑戦は、成功への挑戦でもあるのです。
 必要以上にやせることは勧めませんが、肥満体をもて
 あましているのならば、先ずは。3キロスリムになりましょう。
 すべてが、今までよりもうまく進みはじめるはずです。

≪感想≫
いかがでしたか?

37のちょっとしたひと工夫が書かれていますので、
実践しやすいところからまずやってみるのはどうかと思います。

1つ目の抜粋は、介護の仕事をしていると
より実感するような気がします。
「人」を相手にしていますので、基本的な接する姿勢は
もちろん、あるのですが、70年80年と生きてきた
お年寄りに「常識」を当てはめるのは、難しいです。
その方がどう生きてきたか?どうしたいか?を
できれば優先したいと思います。
認知症の方へのアプローチもマニュアル通りに
いかないのが普通で、やはりうまくいかないなら

根本的な視点を変えるべきだと思います。
なので、うまく事が進まないときは自分の常識を
疑ってみるのはいかがでしょうか。

2つ目の抜粋でも僕が異業種から介護業界に
入ってきたときに年下の副主任に言われた言葉に
似ています。「そんなんも知らんの?」
これは僕がそれまで生きてきて、
小さな容器に入った液体の薬は「目薬」しか
見たことがなく、「これって、何の薬ですか?」と
訪ねたときに返ってきた言葉です・・・
「知らんから聞いててんねん!」って内心かなり
怒りに満ち溢れていましたが・・・
(結局、それは「ラキソベロン」という下剤だったんですが)

3つ目ですが、ぼくも春ぐらいまでは
ちょっとポチャっとした体型でした。
でも、このままではズルズルいくな~って
思い、ある本がきっかけで、減量しました。
ここ半年で10~11キロの減量に成功し、
自分にもできるという自信になりました!
欧米では肥満の人は出世しないとか
役職につけないとか聞いたことがありますが、
自分の管理を先ずはきちんとすることでしょうか?
肥満体のスタッフや医師が太った高齢者に
「●●さん、もっと痩せなあかん」って言っているのを
聞くと、「お前もな」と思ってしまうことはあります・・・

本書で少し残念なのは、本が好きな僕は
タイトルを見て、「本屋」と言葉にすごく反応しました。

でも、「本屋」というタイトルをつけるほど、
本屋はクローズアップされていないのが残念です。
なぜ、本屋か?は書かれているんですが、
この本のキモは副題の「このひと工夫」が一流の人生を作る」
という「ひと工夫」がメインだと思います。
まぁ、「ひと工夫」をタイトルに持ってきても
パンチがないですよね・・・・・

でも、いいことがたくさん書かれているのは
事実ですから、読んで損なしの1冊ですよ^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 1分でできることをリスト化する!

≪最後に一言≫

★ 本屋で待ち合わせしたら、待ち合わせ時間の
  1時間前に行っても飽きませんわ~

≪レビューを見る・購入する≫
できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか? この「ひと工夫」が一流の人生を作る。/翔泳社
¥1,296Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

親の入院・介護に直面したら読む本[新訂第2版]/実務教育出版
¥1,620Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
本が好き!という書評サイトで当選しました。
ありがとうございます!

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

「こんな時は、どうしたらいいの?」の不安や疑問を解消。
医療や介護の最新の制度や現場の動向をふまえて、全面リニューアル!

≪気になる部分の抜粋≫
●テレビなどで宣伝している民間の保険会社は、手術や入院に高額な
 医療費がかかると煽って加入を勧めています。ですが、
 公的な医療保険には高額な医療費(薬代含む)がかかった場合の
 負担を軽減する「高額療養費制度」があるので、それほど心配
 することはありません。

●認知症の介護は身体的にも精神的にも負担が大きくなりがちです。
 どうしたらよいのかわからず、途方に暮れる場合も少なくありません。
 まずコミュニケーションをとる場合は、なるべく要点を絞って簡潔に
 伝えるようにします。一度に多くの情報を伝えると、混乱してしまうのです。

●介護保険のサービスを利用するには、市町村による要介護認定を
 受ける必要があります。「要支援」または「要介護」に認定されて
 はじめて、サービスを利用できるようになるのです。
 要介護認定を受けるには、市町村の介護保険課か、最寄りの
 地域包括支援センターに申請します。

≪感想≫
いかがでしたか?

親の入院や介護が必要になったら、どうすればいいか?
なんらかの形で体験していればいいのですが、
こういうのは徐々にやってくる場合といきなりやってくる場合があります。

必ず相談機関ってあるんですが、
あるのはあっても、どこに相談するんだろう?
最初の入り口からしてわからない方もいるかと思います。
最初の入り口を間違えると、たらい回しにあったり・・・

そんな不安を解消してくれる心強い1冊ですね^^

幸か不幸か、僕は介護業界に身を寄せているので
本書の内容のうち、半分以上は知っていて当たり前のことです。
でも、普通にそういう世界にいない方はこういうことから
わからない可能性があるんだ、ということを再認識できたのも良かったです。

1つ目の抜粋にあるように「保険商品」って
最悪の事態を必要以上に煽るケースも見られます。
もちろん、安心感や過去にタイミングよく助けられたことも

あったでしょうから、ずべてを否定するわけではなきんですが、
経済力によって、医療に関わらず、介護も減免や免除など
いろいろと受けられます。

そういうのがあるのを知っているか知らないかで、
全然違いますし、全てを知らなくても、
「こういう制度がありますよね?うちは対象にならないですか?」
ということが聞けるか聞けないかでもかなり違います。

僕はケアマネもやってますから、
自分の知りうる限りの知識を利用者や相談者に
提示して、役所などに相談に行くように助言することもあります。

ケアマネも役所の窓口も人もいろいろですから
自分でも簡単な知識として、備えておくのに最適な1冊かと思います。

2015年の介護保険の動向も載っており、
一家に一冊、本棚に置いておいてもよろしいかと^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 相談を受けるときは話をよく聞き、分かりやすい言葉で話す。

≪最後に一言≫

★ 僕でも知らない制度はあるはずやし、日々、勉強やなぁ~

≪レビューを見る・購入する≫
親の入院・介護に直面したら読む本[新訂第2版]/実務教育出版
¥1,620Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

↑このページのトップヘ