本の相談員の本棚

誰かが見てるかもしれませんが、 目的はメインブログのバックアップです。

2015年03月

紹介する本はこちらピヨ

自分でやった方が早い病 (星海社新書)/講談社
¥886Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
職場の同僚が読んでいるみたいで、
ちょくちょくこの本のタイトルを口にするので、
読んでみました!

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

「まわりの人への任せ方がわからない」「いい仕事があがってこないから任せたくない」「教える時間がないから自分でやる」―。これが「自分でやった方が早い」という病。病が悪化すると、待っているのは“孤独な成功者”姿。「お金はあるが、つねに忙しくて、まわりに人がいない」「仕事の成功を一緒に喜ぶ仲間がいない」。

≪気になる部分の抜粋≫
●「任せる」に関する3つの大きな勘違い
 ①「任せる」は失敗が前提
 ②「任せる」は「丸投げ」ではない
 ③他人に任せても楽にはならない
 「任せる」ことは、仕事も増えるし、イライラもする。時間もかかるので、
 何1ついいことがないと思うかもしれませんが、それは違います。
 未来があります。人が育って、チームや組織にノウハウが溜まります。
 あなたは、1つ上の仕事ができるようになります。
 人として成長することができるのです。
 ただ、それは簡単なことではありません。
 1年や2年でできることではないのです。
 そのことを前提に考えないと、ストレスだけが溜まってしまいます。

●「自分でやった方が早い病」の人は、他人に文句ばかりを
 言っている人です。それは、自分はできていると思っている
 からこそ、他人に矢印を向けているわけです。
 自分の欠点や至らなさに気づいていないことが
 この病の人の特徴です。器の大きな人間とは、
 人の欠点や至らなさを許して、認め、受け入れられる人のこと。
 そうなるためには、まず自分の欠点や至らなさに気づくことが大事なのです。

≪感想≫
いかがでしたか?

「自分でやった方が早い」という思考には大きくわけて2つあると
本書の冒頭に書かれています。

ひとつは、まわりより自分がデキてしまうから、
自分でやった方が早い。

もうひとつは、相手に悪いし、お願いが下手だから、
自分でやった方が早い。

僕には、どちらの要素もありますね・・・

前者は僕の従事している介護業界でもあります。
車椅子に乗っている高齢者がいます。
食堂からお部屋まで、時間がかかっても
自力で車椅子をこいで帰られる方がいたとしても、
介護スタッフが、シューっと車椅子を
押してあげて、お部屋に帰って頂く。

このケースはいろいろな考え方がありますし、
背景をきちんと書かないと正解が出ないですが、
その方の残っている能力を使わずして、
日常業務を早くこなす(終わらせる)ことに
重点を置いて、その高齢者に自力で帰って頂くより
介護スタッフが押す方が早く済むという感じです。

これはすべての動作において、
自立支援という自分でできる能力を
衰えさせてしまうという危険が潜んでいます。

冒頭の文章を読んで、
自分が新人さんより仕事が出来るから、
自分でやった方が早くできるというより先に
職業病でしょうか、この介護の現場のことが
頭に浮かびました。

僕の性格上では、後者の
相手に悪いと考えてしまう、
いわゆる「お願い下手」なんですよ。

今、仕事で引き継ぎ業務をしているのですが、
その相手さんが、少しゆっくりされる方で
テンパっているときは、心の中で「あ~もう~」って
思いますし、自分が慣れている部分は自分がやった方が
明らかに早いのですが、そこをしてしまうと
その方のためにならないし、
後々、自分がやってしまった業務を引き継ぎ者が
やるときにわからないので、また僕に聞きに来ることに
なるので、僕の手は止まりますよね^^;

「自分でやった方が早い」と
部下に仕事を任せられないとか、
せっかちな性格とか、短気な性格とか、
そういう方は一度、読まれてはいかがでしょうか?^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 「押し」と「引き」で上手に任せる

≪最後に一言≫

★ 「自分がやりたくない」を振ってくるヤバい
   ↑嫌な奴やなぁ~

≪レビューを見る・購入する≫
自分でやった方が早い病 (星海社新書)/講談社
¥886Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

日本のすがた 2015―表とグラフでみる/矢野恒太記念会
¥1,080Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
「本が好き!」という書評サイトから
送って頂きました!ありがとうございます^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

小学生高学年から中学生を対象にして、最新のデータにもとづいて
編集された社会科資料集。日本の産業・経済・社会について、
それぞれの分野の基本的な成り立ちや現在のすがたを、たくさんの
統計表とグラフを使って、わかりやすく説明。また、国内の動きだけでなく、
世界における日本の位置づけもわかるようにしている。

≪気になる部分の抜粋≫
●少子化と将来の人口
 日本の人口の増え方は、年々小さくなり、2005年には初めて
 減少に転じました。これは、一生結婚しない人が増えたことや、
 女性の社会進出の影響により、1人の女性が産む子どもの
 平均数が年々少なくなっているからです。(中略)
 わが国の人口は今後も少子化が続き、2048年に1億人を
 割ると予想されています。2060年には、65歳以上の人の割合が
 39.9%に達し、2.5人に1人が高齢者という社会になります。

●出版
 多くの本や雑誌は、読者が書店で見てから買われています。
 このため、出版社は本や雑誌を書店に預けて、売れ残りが返品
 されています。最近は本や雑誌が売れず、返品が増えています。
 本が売れなくなったのは、インターネットの普及が主な原因ですが、
 古本を大規模に扱う店が増えたことも、その理由の1つです。
 近年、インターネット書店で本を買う人が増えています。
 注文しやすく、ほしい本を探すのが簡単なために人気ですが、
 一方で小さな書店の閉店が増えています。

●人々の健康
 日本人は、世界的にみて、長生きの国民です。2013年の
 平均寿命は、男性80.21年、女性86.61年で、ともに過去最長です。

 急速な少子高齢化に伴って、死因が変化しています。
 日本人の三大死因は、がん・心疾患・脳血管疾患でした。
 しかし、高齢化とともに肺炎で亡くなる人が増え、2011年からは
 肺炎が死因の第3位になっています。

※小学生~中学生対象の本なので、実際は漢字の部分が
  ひらがな表記されている部分があります。

≪感想≫
いかがでしたか?

自分が学生の頃はこういう資料集はほとんど興味もなく、
いやいや目を通していたような感じですが、
改めて読んでみると、どういう割合で、どういう順位に
いるかがわかって面白かったです!

今回抜粋したのは興味のある部分を選んでみました。

1つ目の抜粋は、僕の物心ついたときから
日本の人口は1億2千万人前後が当たり前だったので、
まだ先の話とはいえ、1億人を切ってしまうんだな~って。
2060年って僕もギリギリ生きているかどうかという年代ですが、
不慮の事故がなければ、僕の子どもたちは立派な中年です。

そのときにピークが来るということは、やはり支える側の
体力も持つのだろうか?と心配になります。

人口でいえば、戦争のために子どもを産ませて、
ここまで増えてきたとのことで、1億人を切るのは
理想だという方もいました。

そして、本も売れないみたいですね~・・・
インターネット書店、古本屋、図書館、電子書籍、、、
これらの普及で本の流通も大きく変わり、
リアルな小さな書店に大打撃を与えたんだと思います。

今後は大規模な書店が合併などで生き残る程度でしょうか。
気になりますね。。。

それから、死因の3番目が「肺炎」って、
思い切り、高齢化を現していますよね。

別にバカにするつもりはないですが、
政治家のみなさん、こういう数字で突きつけられる
現実をいち早く、キャッチして、よりよい日本を作ってほしいですし、
守るべき伝統と絶つべき無駄遣いを見極めてほしいと
今回の本を読んで思ってしまいました。

中学生前後をターゲットにしている分、
非常に読みやすいので、こういう書籍も
1冊いかがですか?^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 子どもと一緒に読む!

≪最後に一言≫

★ データというのは面白いね~

≪レビューを見る・購入する≫
日本のすがた 2015―表とグラフでみる/矢野恒太記念会
¥1,080Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

これだけは知っておきたい「労働基準法」の基本と常識/フォレスト出版
¥1,512Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
ネットサーフィン中にたまたま見つけて、
労働基準法ってなんだろう?という疑問のもと、
読んでみました^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

未払い残業で訴えられない方法がわかる!法律違反にならない就業規則が
わかる!労働基準監督署の調査への対応がわかる!残業、休日、解雇、
就業規則など人を雇うルールを実務的な切り口で解説!

≪気になる部分の抜粋≫
●労働基準法は多くの人事関連の法律の中で最もコアとなる法律です。
 労働者を保護することを目的としている法律で、強制法規といい、
 この法律に反する契約は無効になるという強制力がある法律です。
 (中略)
 仮に当事者間で同意していたとしても、この法律に違反すれば
 無効となってしまいます。例えば、入社するとき、労働者が事業主に
 「残業手当はいらないから働かせてください」と約束し同意書まで
 もらっていたとしても、実際に残業していれば残業手当を
 支払わなければならないのです。

●退職届とは、「退職します」という一方的な届出です。
 いったん本人が退職届を提出したあとは、本人がやはり
 会社に残りたいと思っても、会社が合意しなければ退職を
 撤回することができません。
 退職願とは、文字通り「退職させてもらえませんか」という
 労働者からのお願いの書類です。会社がこれを受け取って
 「いいですよ」と承認します。承認されるまでの間、
 本人は退職を撤回することができます。

≪感想≫
いかがでしたか?

労働基準法って何?
そんな疑問から細かいことまで書かれています。
将来、雇う側いわゆる社長になりたい!なんて
希望もなくはないですが、雇われる側も法で
守られているとはいえ、守ってくれている法律は
いったい、どうなことが書かれているのか?ぐらいは
知っておいたほうがいいでしょう。

僕もいくつかの会社で身をおいたわけです。
そして、例外なくこの労働基準法を守りながら
会社を経営していると思うのですが、
その会社によって、細かいルールは違いますよね。

例えば、めっちゃ細かいのですが、給料日が
毎月25日だとして、25日が日曜や土曜だと
今までの会社は、23日とか24日に給与が振り込まれていましたが、
今の会社は逆で、26日とか27日に振り込まれます。

あと、会社指定の銀行の口座を作らされたり、
そもそも手渡しで給料をもらっていたこともありました。

給料1つの支給の仕方もさまざまですが、
これらは違反ではないので、その会社のスタイルなのでしょうね。

最近、今の会社で通勤交通費の見直しがあったり、
そもそも通勤時に事故に遭ったとき、電車で通勤を
申請していて、バイクで通勤して、事故に遭いました。
さて、労災はおりるのでしょうか?

答えは、「合理的な経路であればOK」とのことです。

え!あかんやろ~って思っていたのですが・・・

仕事帰りに、日用品の買い物をするために、スーパーに
寄って、その帰りに事故に遭えば・・・・・・
答えは本書で^^

この1冊で労働基準法の基本は網羅できると
思いますので、興味のある方はぜひ、ご一読を!

こういったノウハウ本は、ネットでもある程度
知識が得られると思いますので、購入までするかどうかは
個々の「労働基準法」への関心度によるかと思います。

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 労基法は働く限り知っておくべき法律

≪最後に一言≫

★ セクハラやパワハラなど気をつけないと~
   しているほうは自覚がないこともあるし~~

≪レビューを見る・購入する≫
これだけは知っておきたい「労働基準法」の基本と常識/フォレスト出版
¥1,512Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

無意識さんの力で無敵に生きる ―思い込みを捨て、自由自在の人生を手に入れる方法―/青山ライフ出版
¥1,620Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
青山ライフ出版さんから送っていただきました!
ありがとうございます<(_ _)>

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

「この作品を読むと、私たちがいかに様々な思い込みに縛られて生きているのかがよくわかります。難しいことは考えず、まずは本作に紹介されているテクニックを素直にやってみることをお薦めします。無意識さんを味方につけて無敵に生きる醍醐味を味わってください!

≪気になる部分の抜粋≫
●「意識」しないで、「無意識さん」に任せちゃえば自動的に
 「無意識さん」が私にとって一番いいことを学習してくれる。
 意識しないで「無意識さん」に任せちゃえば、どんなに難しい
 ことでも、いつの間にか学習できちゃうし、どんなに難しい
 環境でもいつも間にか適応できてしまう。

●「わかっています!でも、できないんです!」というのは、
 「意識」で「無意識」に任せていないことになる。(中略)
 わかっています=できます、になるはずなのに、
 わかっています≠できない、と自分で言っている。
 できないのだったら、わかっているつもりになっている=できない、
 というのが正解になる。
 人はダブルバインドをかけられちゃうと動けなくなる。

●無意識さんが使えていないときって、主観と客観の違いが
 わかっていないときでもある。(お!難しい説明になってきた!)
 例えば、上司を見て「上司は不機嫌に違いない」というのは、
 「主観」になる。だって、上司を見ていて、イライラしているから
 「不機嫌」って思うのは当たり前じゃん!となる。
 「いらいらしているってどうしてわかるの?」と聞くと、
 だって落ち着きがなくて、受話器を荒々しく置くし、声のトーンだって
 イライラしているから、と説明する。主観は、自分の思い込みで
 相手の気持ちや状態を勝手に決めつけてしまう。
 それが揺るぎない現実である、と思ってしまうところが興味深い。

≪感想≫
いかがでしたか?

いやいや、なかなかいい本でしたよ^^

手に取ってみると、分厚くて、(300ページちょっと)
パラパラめくってみると、文字がけっこうビッシリと
並んでいるので、読むのに少し躊躇してしまうかもしれません。
※僕も実際、読む順番を1冊分、後回しにしてしまいました・・・

しかーし、読んでみると、そのような気持ちは払拭されました!

小説のような、エッセイのような感じで
次々と読んでしまうという不思議な本でした。

そして、抜粋するのが非常に難しい本で、
今回も一応、抜粋しましたが、前後関係がかけない分、
伝わりにくいかと思っています。

この本の肝の1つが、「ダウトで意識を打ち消す」というのがあります。
「自分にはこれができない」「これが苦手」など決めつけが
出てきた時に「本当かよ!」って問いかけてみる。

思い込みや決めつけって、
「本当にそうなのか?」とみなさんも
一度、問いかけて見てください。

それじゃ~よくわからない~って方は
本書をじっくり読んでみてください^^

僕も今回はサッと読んだのですが、
これはじっくり噛み締めるように読んだほうが
いいのではないかと思っています。

潜在意識、思考は実現化する、ミラーニューロン
斉藤一人さん、小林正観さん、
そのようなワードや著者に興味がある方は
一読されてどうでしょうか?
※絶対合うかどうかは保証しません、効果には個人差があります(笑)

文体は口語体のため、
よく言えば、親しみやすい
悪く言えば、軽い印象を持つと思いますが、
僕はどちらかというと好きな感じでした。

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ ダウトで意識を打ち消す!(本当かよ!!)

≪最後に一言≫

★ 人の気持ちはわからない、そして自分の気持ちすらわからない!

≪レビューを見る・購入する≫
無意識さんの力で無敵に生きる ―思い込みを捨て、自由自在の人生を手に入れる方法―/青山ライフ出版
¥1,620Amazon.co.jp



最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

40歳からは、小さいことにくよくよするな。 (PHP新書)/PHP研究所
¥1,080Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
著者の横山さんより送って頂きました^^
ありがとうございます<(_ _)>

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

世間や人の目を気にしすぎるな。年齢のせいにするな。
失敗を恐れるな。チャレンジするんだ。
今、目の前にあることを懸命にやるのだ!

≪気になる部分の抜粋≫
●自分のもつ常識をリセットしてみる
 カチンときたり、「こうあるべきだ」という考えが
 頭をもたげてきたら、このように自分に質問するのだ。
 「この考えは思い込みではないだろうか」
 「必ずしも事実とは限らないのではないか」
 「自分が変わることでうまくいかないだろうか」
 「自分が頭にきたのは、起きた事象の善悪ではなく、
 私の自己重要感が傷つけられたからではないのか」

●お金の多い、少ないで幸せが決まるわけではない、
 お金がないことが不幸なのではなく、お金がないという
 理由で夢や目標をあきらめることが不幸だということである。

●自分の感情にブレーキをかけない
 私たちは自分でできると思ったことしか実現しない(中略)
 才能なんて自分ではわからないものだ。みなさんがやって
 みたいと思うなら、そのことには才能があると思って間違いない。
 才能もないことをやりたいとは思わない。もしやってみて上手く
 いかなかったら、そのときはじめて才能がなかったとあきらめればいい。

≪感想≫
いかがでしたか?

いやいやいつもながら横山さんの本には刺激を受けますね^^

横山さんがこの新刊を出されると知ってから、
タイトルが今の自分にちゃんと準備しろ!って
言われているような気がしていました。

もうすぐ40歳を迎える自分にはどうしても
読んでおきたかった本でもあります^^

付箋も結構貼りましたが、
その中で、1つ目の抜粋の自分の常識をリセットする。
40代にもなれば、いろいろ経験している以上、
変な思い込み、先入観、偏見がこびりついてしまっている
ことってあるんじゃないでしょうか?
介護業界に携わっていても、高齢者も偏見の塊のような
方もよく見受けられます。こういう視点って、やはり
視野が狭くなるし、もったいなぁ~って思うので、すごく
共感できた部分です。

お金のあるなしも、セミナーに行ってみたいけど、
セミナー代に加えて、交通費、懇親会など
1回行けば、それなりにお金がかかるので、
結局、行かないという選択をしてしまいます。
でも、お金のないことであきらめてしまうって
虚しい部分は否めないですね。

どうせ無理って始めから思っているようでは
実現できることも実現できないし、
その夢や目標の手助けしてくれるような
人物も現れないんだと思いますね。

とても読みやすい構成で、
クヨクヨする人、しない人でどう違うかを
簡潔に示してくれて、その後に説明があります。
40代ってタイトルだからといっても、
年代関係なく読めると思います。
ただ、40歳を目前にした自分には
とても響く本だったと思います。

興味のある方はぜひ、読んでみてください!

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 1日5分、自分の内面と向き合う時間を作る

≪最後に一言≫

★ リチャード・カールソンの
  「小さいことにくよくよするな!」も面白いよ^^

≪レビューを見る・購入する≫
40歳からは、小さいことにくよくよするな。/PHP研究所
¥1,080Amazon.co.jp



小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと (サンマーク文庫)/サンマーク出版


絵本 小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと/サンマーク出版


絵本小さいことにくよくよするな! 普及版/サンマーク出版



最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

↑このページのトップヘ