本の相談員の本棚

誰かが見てるかもしれませんが、 目的はメインブログのバックアップです。

2015年05月

紹介する本はこちらピヨ
男の年収は「見た目」で決まる──なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか?/平松 由貴
¥1,404
Amazon.co.jp
≪読むきっかけ≫

 著者の平松様より送っていただきました!
ありがとうございます!!


≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

世界のエリートが「見た目」にこだわる本当の理由。

なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか?「見た目」を整えると

→心身のコンディションも整い→パフォーマンスがアップする!


 ≪気になる部分の抜粋≫

●だらしないお腹のせいで信頼されない。出世できない。
 「ビール腹」というように、お腹がドーンと出っ張っていることは、
 中高年の代名詞となっています。かつては恰幅がいいと言われたことも。
 しかし、現代はメタボ検診も始まり、「お腹が出ているのはいいことだ」と
 声高に叫べなくなりました。
 それどころか「出っ張ったお腹は不健康であり、自己管理ができない
 証拠だらしない生活習慣が作った」という認識に変わっています。
 ビジネスにおいて、お腹は信頼に関わっているのです。(一部要約)

●お腹をへこませるにはレジスタントスターチを食べる。
 レジスタントスターチは冷えて水分が抜けたデンプンです。
 熱々の食品には少ないですが、「冷やした主食」に多く含まれます。
 冷やした主食はなぜ、お腹をへこませるのか?
 温かいごはんのでん粉は、胃を通り小腸で吸収され、エネルギーとして
 使われます。残れば脂肪となって体に蓄積されます。
 レジスタントスターチは小腸で吸収されず大腸まで届き、発酵され、
 「有機酸」が発生。この「有機酸」がお腹痩せにパワーを発揮します。

●加齢臭対策
 ①耳の後ろと首も忘れずに洗う
 ②枕カバーを毎日交換する
 ③活性酸素をおさえる食生活


≪感想≫

いかがでしたか?

「人間、見た目じゃないよ、中身だよ!」
たしかにそういわれますが、本当に見た目で判断しませんか?
中身を知る前に「見た目」で判断して、
「うわっ、この人、生理的に受け付けない・・・」ってことありませんか?

ということは、やはり「見た目」も大事なんですよね。
長年、付き合っていれば、中身もわかり、見た目なんて
気にならないかもしれません。
しかし、そうでない関係性では「見た目」も大事!

目鼻立ちが整っていて、美形でも
目にクマがあったり、お肌がくすんでいたり、臭いがしたり。。。
逆に美形でなくても、清潔感があって、肌ツヤがきれいな方も!

美容整形でもしない限り、元の見た目は変えられないですが、
好感を持たれる姿には努力次第で改善できます。

目の輝き、体臭、姿勢、体型、髪型、ファッションなどなど
こういった気をつければなんとかなる部分を
どう気をつけるのか?何を実践すればいいのか?
こんなことがたくさん書かれているのが本書の特徴です。

少しのケアで、あなたの評価も変わる、
評価が変われば、また自分を磨きたくなるという
好循環スパイラルにハマっていきませんか?

著者は准看護師の資格も持っていますし、
ご主人は眼科医なので、書かれていることに
説得力が増しているように感じます。

生き生きライフを見た目から!
見た目をあきらめないで生き生きライフを!
ぜひ、手に入れましょう!!


«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»


◆ 見た目をおろそかにしない!

≪最後に一言≫

★ 男性ホルモン受信中!
  男性ホルモンに欠かせない亜鉛をとるぞ~
  ※あくまでも生き生きとした生活を送るという意味でっせ(笑)

≪レビューを見る・購入する≫
男の年収は「見た目」で決まる──なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか?/平松 由貴
¥1,404
Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

“ぐっすり”の練習ノート/実務教育出版
¥1,296Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
「本が好き!」で当選しました^^
ありがとうございます!

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

快眠を取り戻す自分だけの方法。睡眠ログで達成する、
夜はぐっすり&昼はスッキリ!

≪気になる部分の抜粋≫
●ブルーライト&脳の興奮が睡眠を妨害する
 寝る直前に見るテレビは脳を覚醒させるため、
 不眠の原因になります。
 ただ、帰宅後一切見ていけないとまでは言いません。
 問題は、「どう見るか」そして「何を見るか」です。

 「どう見るか」
 ・画面の明度を下げる
 ・部屋を暗くし過ぎないようにする
 ・ブルーライトをカットするメガネをかける

 「何を見るか」
 無暗に興奮させないよう、怖い事件や重いニュース、
 将来を悲観してしまうような番組は控えましょう。
 寝る前は、なるべくネガティブな情報を
 インプットしないようにしたいところ。
 頭をリラックスできるコメディ映画やバライティ番組を
 見ると良いでしょう。

≪感想≫
いかがでしたか?

睡眠って、人生の三分の一~四分の一を占めますよね。
僕は0時~6時ぐらいが睡眠時間ですが、
2歳の次女が隣で寝ており、寝相がすさまじいため、
よく顔や肩を蹴られます^^;なので途中で目を覚ますことは度々・・・

それはしょうがないとして、
子どもが寝る21時~0時が僕のゴールデンタイムで、
ビデオを見たり、ブログを見たりしています。
そして、0時ごろにすぐに寝るということで、
抜粋にもあるようにあまりいい睡眠への準備は
できていないのだな~って思います。

ドラマも何本かみていますが、
テーマがめっちゃ重いときもありますし、
「報道ステーション」なんかで、暗い事件を
目にしますので、それもあまりよろしくないということですね・・・

それよりも僕の睡眠に影響しているのが
阪神タイガースの試合結果であって、
今年はかなり調子が悪い・・・・・
負け試合は見なきゃいいのに、見てしまう。
そして、腹が立って、腹が立って、機嫌が悪いままにzzz

今は、規則的な勤務時間になっていますが、
過去は夜勤もあり、かなり不規則な時間に
バラバラに寝ていました。
そういった勤務形態の方にも、良い睡眠をとる方法が
示されています。とにかく睡眠に関わることが
いろいろ書かれていますので、老若男女に
参考になること間違いなし!

練習ノートというタイトルだけあって、
自分の生活リズム書き込むようになっていますので、
自分がどういうリズムになっているかも確認できます。

ただ、記入部分が見開きの右ページに
ずっと構成されているため、
できれば巻末にまとめてもらったほうが良かったと思います。
気に入れば、自分でエクセルなどで作成したほうがいいかも^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 自分の生活リズムを知る!

≪最後に一言≫

★ おい、タイガースよ、僕の睡眠に悪影響を
   及ぼしているらしいから、頑張ってくれ~~~


≪レビューを見る・購入する≫
“ぐっすり”の練習ノート/実務教育出版
¥1,296Amazon.co.jp



最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

1分間ピケティ 「21世紀の資本」を理解する77の理論 (1分間人物シリーズ)/SBクリエイティブ
¥1,028Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
ソフトバンククリエイティブさんから送って頂きました!

ありがとうございます^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

全世界が注目するピケティ「21世紀の資本論」がたった1分でわかる

≪気になる部分の抜粋≫
●政府の金融政策に期待してはいけない
 金融規制緩和は、ますます富める者を富まし、貧する者をさらに
 貧困へと導いている。しかし政府は、金融規制緩和は、貧困層対策
 であると主張を変えていない。
 貧困を脱したいのであれば、自ら行動を起こし、豊かな将来を
 切り開く可能性を探るべきであろう。

●消費税は低所得者層を困らせてしまう
 日本のアベノミクスは、経済成長戦略の施策の1つに消費増税を
 組み込んでいる。政府の都合で考えれば、それは税収不足を
 補う素晴らしい手段だ。政府は税率を操作すれば税収が
 上がると考えているから、消費税はまだ上がるかもしれない。

●若い人に希望を与える政策が重要だ
 今日では非正規労働者が増え、正規雇用者でさえ、リストラの
 リスクを抱えている。年功序列制度、ベースアップなどもないため、
 住宅ローンも組めない若者が増えている。
 「希望を与える政策が重要だ」と言うピケティの言葉を、
 私たちは市民の一人として重く受け止めなければならないだろう。

≪感想≫
いかがでしたか?

僕のあまり得意な分野でない「経済」の本です。
そもそも、トマ・ピケティの「21世紀の資本」という
本をご存知でしょうか?日本でもベストセラーになっています。
なんと、700ページ以上あり、値段も5000円以上します。
売れているとはいっても、これだけのページ数と値段に
躊躇してしまう方も多いと思われます。

ということで、こういった小難しい本に特有の
簡単に説明したバージョンが出ます。
ピケティー関係もかなり便乗本が出ています。
こちらもその1冊と言っても過言ではないです。

僕としては、苦手分野は原書よりは
こういった簡単にまとめられていたり、
図解版やコミック版は重宝します。

ピケティは何が言いたいのか?
この本に出てくる公式があります。
r > g

なんのこっちゃですよね^^
僕もその一人です。

r=資本収益率、g=経済成長率

r=資産をたくさん持っているお金持ち
g=一般的な会社員(労働者)

お金持ちは、株や家賃収入で不労所得を得て、
どんどん金持ちになっていく、会社員は稼いだ分を
そのまま支出してしまうため、貧富の差はどんどん
広がるというのがピケティの主張の1つです。

では、どうすれば、、、

ピケティは、世界の金持ちからもっと税金を取って、
税率も世界共通にすることで、税金を免れるために
国外に移住したりということがなくなるのではないか。

貧富の差の拡大を防ぎ、富裕層から貧困層に
お金が流れるようにしなさいと。

経済は苦手で、こんな説明で合っているのか
自信がないのですが、こんな僕でもここまで
理解できたのは、本書のおかげです^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 政治にもっと関心を持つ!

≪最後に一言≫

★ 便乗本なんて、言っちゃいましたが、便乗本万歳!!!

≪レビューを見る・購入する≫
1分間ピケティ 「21世紀の資本」を理解する77の理論 (1分間人物シリーズ)/SBクリエイティブ
¥1,028Amazon.co.jp



最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

人をうごかすふしぎな力 (Sanctuary books)/サンクチュアリ出版
¥1,404Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
サンクチュアリ出版さんから送っていただきました!
ありがとうございます^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

潜在意識の存在を知れば知るほど、
まわりの人に気持ちよく動いてもらうことも、
あなたが望むものを次々と手に入れることも、
潜在意識にお願いすれば、どれも簡単なことなのかもしれない。
そんな予感をさせてくれる一冊です。

≪気になる部分の抜粋≫
●誰かと会っておじぎをするときは、必ずこういうイメージをしましょう。
 とても美して、とても触り心地のいい布を想像します。
 そしてその布をあなたの背後から、相手にふんわりとかぶせて、
 すっぽりと包み込むように、おじぎをするのです。
 それだけで、お互いの緊張がとけます。
 信じられなかったら、ためしてみてください。

●5本の指は、それぞれ否定的な感情と結びついています。
 親指=不安、人差し指=おそれ、中指=怒り、
 薬指=情緒、小指=緊張、です。
 感情に悩まされているとき、それぞれ対応した指をもむだけで
 少し楽になります。もむときは指の側面を、心臓より遅いペースで
 ゆっくり、そしてしっかり強めに。「守ってあげる」と守る意識を
 持つとなおよいでしょう。子どもにやってあげるのも有効です。
 ちなみに薬指に結婚指輪をするのは、「安心したい」という感情の
 あらわれだと思います。

≪感想≫
いかがでしたか?

潜在意識を使うと、とてつもないパワーを引き出してくれる。
でも、ほとんど人が潜在意識をうまく使えていない。
よく「潜在意識」について書かれた本にみられる記述です。
僕も何冊も潜在意識についての本は読んできました。

今回の本は、それらの知識を実践しやすいように
そして、体感としてどう振舞えば、潜在意識をうまく
引出せるのかがわかります。

抜粋にもあるような、やわらかい布をかぶせるイメージで
おじぎをするというような普通の行動や思考に
一工夫することで、自分にも相手にも全然違って
伝わり、よりよい関係が築ける、コミュニケーションがとれると
いったことが「31個」紹介されています。

もちろん、怪しいと思われる方もいるでしょう。
サプリメントのようなものなので、効果には個人差があるでしょう。

でも、やってみる価値はあるのかな~って思いますし、
31個もあれば、いくつはきっと気に入る術があるはずです^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ ふしぎなちからをうまく利用する!

≪最後に一言≫

★ 疑り深い自分から見直さないと^^;

≪レビューを見る・購入する≫
人をうごかすふしぎな力 (Sanctuary books)/サンクチュアリ出版
¥1,404Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

紹介する本はこちらピヨ

まんぷくごほうびビュッフェ/幻冬舎
¥1,188Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
「本が好き!」で当選しました!
ありがとうございます^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

こんなにお得! こんなに美味しい! 幸せ充実度150%!!
無限の食欲を満たしてくれるメニューが満載のコミックエッセイ。

≪気になる部分の抜粋≫
●慌てるな 代わりはじきに やってくる

●元を取る 考えすぎると 楽しめない

●原価より 好み基準で メニュー取る

●直前で 根こそぎ奪われ 恨み節

●食べ放題 子どもにとっては 食育に

≪感想≫
いかがでしたか?

まず、ビュッフェ川柳みたいな文章ばかり抜粋しましたが、
本書はそれだけでなく、実際の著者の体験談や「あるある」が
ふんだんにちりばめられていますので^^

読んで思ったのが、「高級そう」なビュッフェが多いなぁ~って
感じました。高級そうという表現を使ったのも実際に紹介されている
お店の名前などは掲載されているのですが、値段が書かれていない・・・

僕もビュッフェは家族で月に1~2回は行ってると思います。
でも、ホテルのビュッフェだと大人1人2000~3000円はしますよね。
僕のよく行くお店は、大人1人1000円~1500円ぐらいです。
ディナーは高いので、ランチになります。
できれば平日のほうが安いのですが、子どもたちと行くケースが
多いので、そこばかりはどうしても土日中心になります。

ビュッフェ=バイキングという表現もありますが、
バイキングは日本でしか通じないようです(詳しくは本書で)

僕の場合、まず小皿にサラダと大皿に
いろいろなものを盛り付けて食べます。
2度目にもう一度、ご飯系に行っていたのですが、
ここで食べ過ぎて、デザート系を食べられなくなることもあり、
2度目でデザートに一度手を出します^^
そして、余裕があれば、再びご飯系に^^

あと、お店で用意されているもので、
オリジナルの料理(組み合わせ)を作ったりすることも
ビュッフェの楽しいところですね^^

でも、この本を読んだら、確実にビュッフェに行きたくなるので、
ある意味、要注意ですよ(笑)

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ やっぱりビュッフェ(バイキング)に行くでしょう! 

≪最後に一言≫

★ うちは、ランチで14時ごろ行って、昼夜兼用が多いのよ( ´艸`)

≪レビューを見る・購入する≫
まんぷくごほうびビュッフェ/幻冬舎
¥1,188Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>

↑このページのトップヘ