紹介する本はこちら矢印

大富豪アニキの教え/ダイヤモンド社
¥1,680Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
多方面で話題になっていたので、
図書館で予約しました。
半年ぐらい待ったかな^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

本書は、99%実話の物語(ストーリー)。
年収295万円、31歳ダメサラリーマンの鈴木一郎(いっちゃん)が、
バリ島に住む世界レベルのウルトラ大富豪アニキに出会い、
【25の教え】をこうて、人生の大逆転をはかる物語。

≪気になる部分の抜粋≫
●最強の問題化帰結は、自分から会いに行くこと
 「自分から会いに行ったらええねん。相手が『こいつ、1回、
 パーンとどついたろかい』とか思っていたとしてもや、わざわざ、
 自分から会いにいけなばな、相手は大切にされたと感じるわけやから
 『そうでもないな』と許せるようになるのやて」

●親がやっていることを、子どもがやるようになる
 「子どもはな、よう親のこと、見とるんやて。そんでな、親がいっつも
 仕事の愚痴ばっかり言っているだとか、いっつもご近所さんの悪口を
 言っていたりとか、夫婦ゲンカばかりしているだとか、なにかに
 打ち込んでいる姿を見たことがないとかな、そういうところを
 よう見とるんや。そういう親が『口で言うたこと』をな、子どもが
 聴くはずないし、『やる気』がわくわけないんやて」

●「人は鏡」。相手の面倒を見れば、必ず返ってくる
 「困っている人の手助けをしているとな・・・、自分が困っているときに
 手助けをしてもらるんやて。せやろ。人は『鏡』のように、自分がやったことを
 相手もしてくれるもんなんや。せやから、もし、俺になにかがあったら、
 『俺のことを完全に守ってくれる』という自信があるよ」

≪感想≫
いかがでしたか?
こちらの本、アマゾンのレビューで賛否両論です。
(詳しくはみなさん、レビューを覗いてみて下さい)

その中のレビューで、「夢をかなえるゾウ」にソックリな設定
というところですが、読んでみての感想はそう思われても
仕方がないという感じです。
それだけ、「夢をかなえるゾウ」にかなりのインパクトがあっ

ということでしょうね^^

内容としては、兄貴の教えが25個ありまして、
それぞれに共感できる部分や出来ない部分はそれぞれ
あるかなってかんじです。

夢をかなえるゾウとは違うのが、「夢かな」はガネーシャという神様は
仏像としては存在してますが、リアルに会うことができなですが、
「兄貴」は実在してますので、なんとかすれば会うことができます。
なので、このストーリーのように成功の道筋を兄貴に会って、
人生変えてみようと思う方はいるかもしれませんね。

会わなくても、本書の教えを行動に移せば、それなりの成功は
手に出来るかもしれません。

400ページを超える大作ですが、
最後の30ページぐらいに25の教えを簡単にまとめていますので、
そこだけでも読めばすべて読まなくてもいいかも・・・

実際にいろいろなメディアで取り上げられた大富豪「兄貴」の
マインドを本書で体感してみて下さい^^
(賛否は分かれますが(^_^;)

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 相手を自分ごとのように大切にする

≪最後に一言≫

★ 本書の関西弁や擬音語の使い方がかなり特徴的でっせ~

≪レビューを見る・購入する≫
大富豪アニキの教え/ダイヤモンド社




最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>