紹介する本はこちらこちら

名言セラピー幕末スペシャル The Revolution!/ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥1,260Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
とある対談CDでてっぺん朝礼で有名な大嶋啓介さんが
推薦されていたので、図書館で予約してみました。

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

わずか150年前、江戸時代の日本。それは、身分差別が厳しく、
自由という言葉すらない時代でした。
そんな時代に革命を起こし、自由な国をつくろうと命をかけてくれた男たちが、坂本龍馬であり、西郷隆盛であり、吉田松陰であり、高杉晋作であり、
みな、明治維新の志士たちでした。日本史上最高にかっこいい男たちです。
明治維新を成し遂げた彼ら革命の志士たちの、クスッと笑えて、
とびっきり感動するエピソードをお届けします!

≪気になる部分の抜粋≫
●ホン(ト)の自分のキ(モチ)で行け。
 それがホンキで生きるということ。

●他人のものさしではなく、自分のものさしで生きろ。

●小さな一歩。でも、そこに思いを込めれば、大きな一歩。

●食べるとは、命をいただくこと。一緒に食べることで
 お互いの命が響きあい、共鳴しあうのです。
 一緒に同じものを食べる。それには鍋ほど適した料理はありません。
 薩長連合という歴史的和解を果たした陰には「鍋」があったわけです。
 「人」 が仲 「良」 くなると書いて、「食」ですから。

●「優」しい人が、いちばん「先」にいける。だから「優先」。

≪感想≫
いかがでしたか?

読みやすくて、心に響く「ひすいこたろう」さんの本です。
今回は、幕末に生きた歴史上の人物にスポットライトを
当てて、その生き方、生きざまと明言をミックスしています。

特にクローズアップされているのは、
上記の紹介でも出ている、坂本龍馬・西郷隆盛・吉田松陰・高杉晋作らです。

いま、僕は「八重の桜」を毎回楽しみに欠かさず見てますが、
ちょうどこれらの人たちが活躍していた時期を放送しています。
「龍馬」は全然出て来ずでしたが・・・
(ん~まだ福山の残像があるからかな(^_^;))

少しそれましたが、幕末~明治維新はホントに凄まじいほどの
変化が求められ、そして、それを実行してきた人たちがいました。
そんな変化に関わった人たちは、例外なく普通の人の何倍・何十倍も
「熱意」や「努力」などを持って、一直線に走り続けたんだと思います。

幕末のエピソードはいろいろな形で伝えられていますが、
それにひすいさんのエッセンスを注入することで、
また、新しい感覚や発見があるのではないかと思います^^

歴史好きでひすいさん好きなあの読者さんは必読では?^^

読みやすいので、読書が苦手な方も読めますので、
幕末のエピソードと名言に触れたい方は、ぜひご一読を!

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 偉人にほれる

≪最後に一言≫

★ やっぱ、伊能忠敬はすごいよ~

≪レビューを見る・購入する≫
名言セラピー幕末スペシャル The Revolution!/ディスカヴァー・トゥエンティワン



最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>