紹介する本はこちらカエル

“ストレスフリー”な営業をしよう! お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業 (DO B.../同文館出版
¥1,470Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
著者の前川あゆさんより送って頂きました!
ありがとうございます^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫
「売り手も買い手もハッピー」になる新しい営業の習慣。安売りも、無理も、
「お願い」も無縁!面倒くさがり、飽き性、短気な性格だった著者が、
「営業の常識」にとらわれずに、つくり上げた「共感」の営業。

≪気になる部分の抜粋≫
●「お客様は神様。だからお客様の言うことは絶対なのでは?」
 このように聞かれることもあります。しかし、それは間違いです。
 どちらか一方の我慢の上に「共感」はありません。
 同じく「お願い営業」もダメです。「お願い営業」とは、お客様に
 欲しくない、必要でない商品を「何とかお願いします!」「今日じゃなきゃ
 ダメなんです!」と無理して買っていただくことです。この場合の主役は
 お客さまではなくて営業マンになっています。こういったスタイルは
 一時的にうまくいったとしても、時間が経って、もしお客様が後悔される
 ようなことがあったとしたら、それは共感とはいえません。

●「営業はつらくない」→「営業は人の役に立てるんだ」と、イメージアップ
 できるようになったら、行動や思考も自然と変わってきます。
 イメージアップするためには、「とりあえずやってみる」という行動が
 大事です。そして、昨日よりうまくいったことがあれば、それを
 小さな「成功体験」として励みや原動力にしていきましょう。

●売れる営業マンになるためには、いろいろなことをひとりで
 抱え込まないほうがいいです。何でも自分でやろうとすると、
 時間がかかってしまったり、効率が悪くなったりします。
 ポイントは「人に頼る」ことです。

≪感想≫
いかがでしたか?

僕の社会人デビューは自動車の営業マンでした。
今思うと、かなり「お願い営業」してました・・・
・キャンペーン中なので、今日中に決めてもらえると。。。
・決算月ですから、今なら何とかします。。。などなど
新人だったので、「僕の営業人生の1台目のお客様になって下さい!」と
6台目まで、頭下げてました・・・
こんな嘘をついてまで、売っているとボロが出て、信用を失くしたりする
可能性もあるんだなと本書を読んで思い知らされました。

2つ目の抜粋でも、僕は「辛い」としか思ってないと言っても過言ではないぐらい
「いややな~」「どうせ売れへんし」などと思っていたら、そらぁ~
売れるものも売れませんね。。。(反省)

本書を読んでいると、いかに自分の営業職時代の立ち居振る舞いや
考え方やスタンスが間違っていたことに気づきました。

3つ目の「人に頼る」、そういえば、トップ営業マンは
孤立しているように見えますが、うまいこと雑用などを
人に頼みながら、次の仕事へと進んでいたように思います。
今回は付箋貼りまくりで、3つに絞るのが大変でした^^

そして、著者の前川さんはかなりビジネス書や自己啓発書を
読んでいるんだなと思わせる部分が散りばめられています。
なので、もちろん「営業」に関する書籍ではありますが、
自己啓発的な要素もたくさん学べるので、営業職でなくても
読んで損なしの1冊だと思います^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 自分を認める。自分で自分をほめる。笑顔は意識から始まる習慣。

≪最後に一言≫

★ 思いやり×準備×タイミング=お客様も自分もハッピー

≪レビューを見る・購入する≫
“ストレスフリー”な営業をしよう! お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業 (DO B.../同文館出版


前川さんが代表を務められている会社
Shuka Berryのホームページも
有益な情報の宝庫ですよ~
→ こちら




最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>