紹介する本はこちらカエル

部下のやる気を引き出す 上司のちょっとした言い回し―――聞き方・褒め方・頼み方・伝え方・叱り方.../ダイヤモンド社
¥1,470Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
著者の吉田さんより送って頂きました!
ありがとうございます^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫
相づちの打ち方・聞き方・褒め方・頼み方・励まし方・伝え方・叱り方――
シーン別にどんな言い回しをしたらいいか、また困った部下に対しての
効果的なひと言を、事例を交えて解説します。単にキーワードを
羅列したものではなく、その言い回しによって部下がどうなったのかも
紹介し、実際に応用しやすいものにしていきます。

≪気になる部分の抜粋≫
●褒めるなら、他の人の前で褒めよう
 ○「伊藤は、弊社でも3本の指に入る営業マンですので
   安心してお任せ下さい」
 ○「彼はパソコンが得意で、私もよく教えてもらっているんです」
 ×「何もできない社員ですが、ご迷惑をおかけしないように教育しますので」
 ×「何もできませんが・・・」

●一生懸命やったけど、失敗してしまった部下に
 ○「悔しいけど、次につながるよ」
 ○「あのがんばりは凄かった」(プロセスを見てあげる)
 ×「くよくよしても仕方がない」
 ×「そんなことぐらいで落ち込むな」

●他人に責任をなすりつける部下に
 ×「他人のせいにするな」
 ○「仮にあなたに少しでも責任があるとしたら、どんなことが考えられる?」
 ○「次回、このようなことが起こらないようにするには、どうしたらいいかな?」

≪感想≫
いかがでしたか?

今回、この本のいいところをアピールするために、抜粋もこのように
させて頂きました。この抜粋はそれぞれの小項目の見出し部分で、
この記述の後に、会話調での例や詳しい説明が書かれています。
詳細は本書にお任せします。

本書は「言い回し」というキーワードで書かれています。
要は、皆さんにも上司部下に関わらず、夫婦、友達、恋人などの
関係で経験があるかと思いますが、

「そんな言い方しなくても」「そんな言い方せんでも(関西弁)」
と言いたくなるような一言ってありますよね?
そこに焦点を当てて、仕事上で出てくる会話で、同じ内容でも
言い回しで違うと学ばせてくれるんですね^^

ブログのコメントでもありませんか?
最近、ありがたいことにコメントもたくさんいただけるようになり、
僕も出来るだけ言い回しに気をつけているつもりです。
(つもりかいっ!)

やはり、コメントは会話と違い、表情が見えないので、
細心の注意を払わないと、こちらの意図と違った形で
受け取られることがあると思います。

なので、僕はできるだけ「!」「^^」など感嘆詞や顔文字を使うことで
そのコメントに表情を付けています。
こうはいってもまずは交流する中での信頼関係が築けないと
ちょっとした一言に「引っかかったり」「傷ついたり」「腹立ったり」など
あると思いますね(^_^;)

信頼関係が出来るまではコメントは慎重にしないと・・・

というわけで、みなさんも「言い回し」に気を付けたいって方は
本書をぜひ!上司部下のビジネスに限らず、役に立ちますよ!!!

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 思い込みを捨てる

≪最後に一言≫

★ やっぱりただの誹謗中傷コメントは辛い・・・(経験者語る)
建設的な反対意見はいいんですよ^^

≪レビューを見る・購入する≫
部下のやる気を引き出す 上司のちょっとした言い回し―――聞き方・褒め方・頼み方・伝え方・叱り方.../ダイヤモンド社
 

最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>