紹介する本はこちらピヨ

本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができる/宝島社
¥1,296Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
タイトルが気になり、図書館で予約して借りました^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

著書累計120万部超の文筆家・千田琢哉は、大学時代4年間だけでも書籍購入代が1000万円を超えるほど本を読んできました。そして現在では、その読書量は膨大なものとなりました。そんな著者が選んだ、今の厳しい時代を生き抜くための25冊を紹介します。「仕事とは何かを知る」「お金と成功の仕組みを知る」「残酷な社会の目利きになれる」「世の中の真理を教えてくれる」など、テーマごとに徹底紹介します。

≪気になる部分の抜粋≫
●人は直感で「このままでは幸せになれないな」とわかるようになている。
 わからない人は、自分に嘘をついて気づかないふりをしているだけだ。
 自分の心の声に素直に耳を傾けるということは、幸せな人生を獲得
 するために避けて通れないのだ。
 自分に嘘をついて騙し騙し生きた人生より、自分に素直に生きて失敗した
 人生のほうがずっと幸せだ。

●技術は教えられるが才能は教えられない
 「もっとがんばります!」「死ぬ気でやります!」と叫んでいるうちは、
 永遠にプロにはなれない。
 努力なんてして当たり前だし、努力を意識している時点で才能がないのだ。
 自分の努力を語りたがっているうちは、才能は皆無だと断言していい。
 そして厳しいことに、才能の有無は自分で最終判断を下すしかないのだ。
 「私には才能があるのでしょうか?」「これは私に向いていないのでしょう
 か?」と他人に聞くのではなく、自分でそう感じたらただ黙って去ることだ。

●あなたの現在は、過去のあなたが選択し続けてきた集大成というのだ。
 「どの学校に進学しようか」「どの会社で働こうか」「誰と結婚しようか」と

 いった決断の集大成が現在だ。
 自分の頭の仲で考えてきた結果が、人生を創り上げている。
 未来も同じだ。 今から決断した結果が、未来をそのまま創り上げていく。
 「こんなの自分が望んでいた人生とは違う」というのは嘘だ。
 妥協の決断をしてきた人には、お似合いの妥協の未来が
 待っているというだけの話だ。

≪感想≫
いかがでしたか?

凄いペースで出版されている千田さんの本です^^
久々に千田さんの本を読んだんですが、やはりいいですね!

本書は千田さんが厳選した25冊を
5つのカテゴリーに分けて紹介しています。

分野はバラバラで、伝記や方丈記、くまのプーさん、
ドラッガーに松下幸之助などなど多岐にわたります。

シンプルに行間も広めで読みやすいと思いますし、
自分が読んでこなかった本もこの書籍を通じて
読んでみると、「読みたくなります^^」
やはり本を読みこんだ千田さんならではの
成せる技なのでしょうか(^_^;)

抜粋箇所もいくつも候補があるんですが、
響きに響きまくった部分を3つ選んでみました。

その中でも3つ目の現在の自分は、
すべて自分の過去の選択から成り立っている。
ということは、現在の選択が未来を作るということですね。

これには、かなり胸を打ち抜かれた感じでした。。。

本から抜き出した文章を千田さんなりに
補足説明されているんですが、これがいいです!

読書習慣のない方も、ぜひ、お勧めできる1冊です^^
気になれば、原書も読んでいくと効果が上がると思います。

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ しがみついているその手を放した瞬間、人生が変わっていく

≪最後に一言≫

★ 小さいことにクヨクヨするなを読み返そう!!

≪レビューを見る・購入する≫
本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができる/宝島社
¥1,296Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>