紹介する本はこちらピヨ

ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略ロードマップ/阪急コミュニケーションズ
¥1,620Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
阪急コミュニケーションズさんより送っていただきました!
ありがとうございます^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

あなたにとって「成功」とは何ですか?それをどうやって手に入れますか?
ゴールドマン・サックスで副会長まで務めたハーバード・ビジネススクール
教授。学生や社会人がひっきりなしに訪れる彼の部屋は、さながら
“キャリア相談室”だ。個人の成長、人間の可能性、リーダーシップについて
研究してきたロバート・スティーヴン・カプランは、『ハーバード・ビジネス・レビュー』誌にこれらのテーマで寄稿もしている。誰にだって「どうしていいか
わからない」ときがある。“ハーバード流”の人生戦略の立て方、お教えします。

≪気になる部分の抜粋≫
●才能とは関係なく、うまくいかないときはありますし、それが何カ月、
 何年と続くこともあります。嫌な上司の下で行き詰まることもあるでしょう。
 どうすればこうした困難を乗り越えられるのでしょうか?
 答えはあなたの情熱にあります。情熱は、困難を克服して、つらい時期を
 耐え続けるのに欠かせない燃料です。揺るぎのない目的があるときや、
 楽しいと感じられるタスクをやるときに、情熱は生まれます。
 情熱が頑張りを後押ししてくれるからこそ、スキルを磨いたり、
 逆境をはねのけたり、仕事や人生に意味を見出したりできるのです。

●人生経験は、良い意味でも悪い意味でも、あなたの行動パターンに
 影響を与えています。あなたが経験した出来事は変えられませんが、
 人生経験が自分の行動に与える影響に気づくことは可能です。

●潜在能力を発揮することは、スイッチが入ることとも、ひらめくこととも
 違います。むしろ、内省し、地道に学び、学んだことを行動に移すという
 プロセスを一貫して行わなければなりません。このプロセスを繰り返す
 ことで、あなたは本領を発揮できるようになり、チャンスを最大限に
 活かせるようになるのです。

≪感想≫
いかがでしたか?


なかなか読みごたえのある「どストレート」な自己啓発書だと感じました^^

1つ目の抜粋ですが、不遇の期間や
何をやっても空回りの期間って
ありますよね。僕も何度もありました。
逃げて、辞めたこともありますが、結局辞めて、
環境を変えても自分が変わってなかったら、
結果は同じなのかと・・・
であれば、仕事の中にやりがいや情熱を見つけることで、
そのに集中し、上向くまで耐えるというもの有効なのかと思います!

2つ目の抜粋では、「人生ノート」を書くことを推奨しています。
今の自分は「過去の自分の産物」、ということは未来の自分も
今の自分の積み重ねですので、自分を早く理解することですね^^

3つ目ですが、「潜在意識」に関してはいろいろ書籍が
出ていますが、やはり繰り返しによる自己暗示が重要です。
「習慣化」といってもいいでしょう。

この書籍、章ごとに「やってみよう」という項目があり、
いろいろな状況での質問があります。
これに答えることで、「自分」というものを見つめ直すことができ、
新たな自分の発見も出来るのではないでしょうか?

自分を知りたい方は一読をオススメします^^


«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 自分にとっての「成功とは何か?」ノートに書く!

≪最後に一言≫

★ 抜粋の「内省し」の部分を変換すると「無い精子」ばかり出てくる(^_^;)

≪レビューを見る・購入する≫
ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略ロードマップ/阪急コミュニケーションズ
¥1,620Amazon.co.jp



最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>