紹介する本はこちらピヨ

できる男の腹凹(はらぺこ)術/宝島社
¥1,296Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
著者の小林さんより送って頂きました!
ありがとうございます^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

25kgのダイエットに成功した著者が編み出した
実践プログラムはたったの4ステップ!
難しい手法はなく、誰にでも実践できるメソッドを
著者自身の経験から丁寧に解説します。
腹を凹ますだけでなく、ビジネスにも役立つ金言も満載です。
プログラムを実践すれば、腹が凹んで人生も変わる!

≪気になる部分の抜粋≫
●特にダイエットというのは、自分が決めたこと毎日淡々と続けることである。
 この一見単純で単調なことを習慣化する上で「自分で自分に約束した
 ことを守る」ということが自分に対し、「約束を守れる自分」という自己認識を 
 持つことができ、これが自分自身に対する自信につながっていく。
 驕ることなく自分に自信を持つ人間はとても懐が深く、人間的にも
 魅力的になる。こうした人間になるための第一歩はダイエットを
 行うことで得られるのである。

●ダイエットは続けていれば「必ず成功する」、自ら「失敗だ」と
 思ってあきらめた時に初めて失敗が確定するのである。
 「痩せることを決める」とはこのように「どんなことがあっても必ず続ける」
 という意志を固めることなのである。この決断の固さがダイエットの成否を
 大きく左右する。

●「できないこと」を責めず、「できたこと」を喜ぶ。
 「つい忘れてしまった」と過去をいくら責めても習慣化の妨げになる
 だけである。それよりは「次にやろう」と未来に目を向け、
 1回できたら「よし!」と素直に喜ぶことが重要である。

≪感想≫
いかがでしたか?

前著のこちら↓
【読書548】:なぜ一流の男の腹は出ていないのか?/小林一行

を拝読して、僕のダイエット生活が始まりました~
ちょっとブクブクしてきたので、
痩せなきゃとは思いつつ、食べ物の誘惑に負けておりました。

前著の作品でも今回の本でも書かれているのですが、
僕が実践したのは、
・いつも食べる量からご飯を2口減らす。
・野菜を先に食べる。(食べ順に気をつける)

この2点からスタートしました。

いきなり炭水化物を抜くとか●●だけダイエットとかは
どうしても続かないものです。
やはり人間には、現状を維持しようという機能がありますので、
例え、肥満で不健康でもそれを維持しようとします。

ということは、「悪い」を「良い」方向にでも
いきなりガラリと変えるのは難しいんですね。。。

でも、ご飯を2口減らすぐらいなら
現状維持の範囲内で、潜在意識にも
バレずにカロリーを減らすことが出来る^^

それで、少しずつ体重が減ってくると
嬉しくなり、そして2口が半分減らしても大丈夫になります。

徐々に夕食のご飯を少なくして
一時期、夕食のご飯(白飯)は全く食べなくても
苦ではなくなりました(今はしっかり食べてます^^)

他にも運動は好きではないので、
全体的なカロリー摂取を減らしながら
6ヶ月で10~11キロの減量に成功し、
今のところはリバウンドもなく、
過ごせています!

やはりやり遂げるということで自信になります!
その自信は、今度は他のことへも挑戦する
きっかけを作ってくれます^^

そこで、著者もダイエットの成功が
人生の成功につながると書かれているんだと思います。
少し、体重の気になっている方はまず3キロの減量で
自分にもできるという自信を手に入れる!
自分との約束を守る!
こういう利点が得られますよ^^

本書はダイエットだけに限らず、自己啓発要素が
前著よりも強くなっています。
ちょっとタイトルが軽い感じに受け取られますが
かなりオススメできる本だと思います^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 宝の地図を1日3秒見る、過去の成功体験を1日5分を思い出す! 

≪最後に一言≫

★ 気持ちは凹んだら嫌やけど、腹は凹むと嬉しいもんや^^

≪レビューを見る・購入する≫
できる男の腹凹(はらぺこ)術/宝島社
¥1,296Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>