紹介する本はこちらピヨ

できる男は不倫する/幻冬舎
¥1,404Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
「本が好き!」という書評サイトで当選しました^^
ありがとうございます!!

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

愛人はいるか、妻を愛しているか、部下に嫌われているか、
上司を悩ましているか、遊びすぎてないか、マジメすぎてないか……
成長したい男たちに問う、男のための本革の手帳。

≪気になる部分の抜粋≫
●切ると救うは同時にできない
 上司が部下を叱るとき、「叱りっぱなしはよくない。直後にサポートせよ」
 が現在の通説だが、はたしてどうか?我々が、叱ると同時に、いいことも
 言いたいのは、感情で怒っているのではなく、相手のためを思っていると
 伝えたいわけだ。しかし、そんな配慮こそ自分を守る言い訳で、
 メッセージにノイズを付け加えることなのだ。
 人を叱り、突き飛ばした後は、相手が自分で気づき、立ち上がるのを
 待つしかない。自分で立つから成長にもなるのであって、突き飛ばしては
 助け上げることを繰り返したら、相手は「もてあそばれている」としか
 感じないだろう。結局、我々は人を育てることはできない。
 人は機会によって、勝手に育っていくものなのだ。

≪感想≫
いかがでしたか?

面白かったですよ^^
でも、電車など公衆の面前では
ちょっと読むのが恥ずかしいかと。。。

というのも、この本の構成は
1つのテーマに対して、マンガが6ページ前後、
そしてその後、1ページを使って文字で補足説明があります。
そのマンガが設定や絵のタッチもおもしろいのですが、
エッチな場面も描かれています^^
(まぁ~タイトルからして少し想像していただけるかと)

抜粋したい箇所はそれなりにたくさんあったのですが、
僕の一番気に入った項目の文字の部分を8割ほど
抜粋したので、抜粋自身は1つだけにしました。

僕も人材育成や子育てに関する本を何冊も読みましたが、
「我々は人を育てることができない」と
バッサリ切り捨てていますよね。

でも、案外、そうではないかと、妙に納得してしまいました。

このようなシュールな世界観がこの本の魅力だと思います。

他にも紹介したいところはたくさんあります。
・らしさは自分の中には見つからない
・押し付けられた本は読んでもらえない
・騙されて、大人じゃん

これだけでは伝わらないでしょうが、
けっこう、シュールに描かれています。

マンガと説明という
読みやすい構成なので、
ぜひ、中年男性はお読みください^^

でも、公衆の面前ではやめたようがいいです^^;

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 巻末の40歳からの恋愛作法を熟読する。
  ※実践するかは別の話(笑)

≪最後に一言≫

★ できない男は不倫しないのか~不倫しよっかな~(嘘)

≪レビューを見る・購入する≫
できる男は不倫する/幻冬舎
¥1,404Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>