紹介する本はこちらピヨ

人をうごかすふしぎな力 (Sanctuary books)/サンクチュアリ出版
¥1,404Amazon.co.jp

≪読むきっかけ≫
サンクチュアリ出版さんから送っていただきました!
ありがとうございます^^

≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫

潜在意識の存在を知れば知るほど、
まわりの人に気持ちよく動いてもらうことも、
あなたが望むものを次々と手に入れることも、
潜在意識にお願いすれば、どれも簡単なことなのかもしれない。
そんな予感をさせてくれる一冊です。

≪気になる部分の抜粋≫
●誰かと会っておじぎをするときは、必ずこういうイメージをしましょう。
 とても美して、とても触り心地のいい布を想像します。
 そしてその布をあなたの背後から、相手にふんわりとかぶせて、
 すっぽりと包み込むように、おじぎをするのです。
 それだけで、お互いの緊張がとけます。
 信じられなかったら、ためしてみてください。

●5本の指は、それぞれ否定的な感情と結びついています。
 親指=不安、人差し指=おそれ、中指=怒り、
 薬指=情緒、小指=緊張、です。
 感情に悩まされているとき、それぞれ対応した指をもむだけで
 少し楽になります。もむときは指の側面を、心臓より遅いペースで
 ゆっくり、そしてしっかり強めに。「守ってあげる」と守る意識を
 持つとなおよいでしょう。子どもにやってあげるのも有効です。
 ちなみに薬指に結婚指輪をするのは、「安心したい」という感情の
 あらわれだと思います。

≪感想≫
いかがでしたか?

潜在意識を使うと、とてつもないパワーを引き出してくれる。
でも、ほとんど人が潜在意識をうまく使えていない。
よく「潜在意識」について書かれた本にみられる記述です。
僕も何冊も潜在意識についての本は読んできました。

今回の本は、それらの知識を実践しやすいように
そして、体感としてどう振舞えば、潜在意識をうまく
引出せるのかがわかります。

抜粋にもあるような、やわらかい布をかぶせるイメージで
おじぎをするというような普通の行動や思考に
一工夫することで、自分にも相手にも全然違って
伝わり、よりよい関係が築ける、コミュニケーションがとれると
いったことが「31個」紹介されています。

もちろん、怪しいと思われる方もいるでしょう。
サプリメントのようなものなので、効果には個人差があるでしょう。

でも、やってみる価値はあるのかな~って思いますし、
31個もあれば、いくつはきっと気に入る術があるはずです^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ ふしぎなちからをうまく利用する!

≪最後に一言≫

★ 疑り深い自分から見直さないと^^;

≪レビューを見る・購入する≫
人をうごかすふしぎな力 (Sanctuary books)/サンクチュアリ出版
¥1,404Amazon.co.jp


最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>