紹介する本はこちら
暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術/実務教育出版
¥1,512
Amazon.co.jp
 
≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫
スピード合格させると評判の勉強法アドバイザーが伝授!ロングセラー
『なるほど!合格勉強術』の実践編!

≪気になる部分の抜粋≫
●試験勉強の基本は過去問です。
 めざす本番に最も近い情報が
 過去の本番試験、つまり、過去問です。
 どんな試験であれ、過去問が手に入るのであれば、
 過去問に取り組む(「解く」のではなく「読む」)ことが
 まず行うべきことであり、必須です。

●「目次イメージ記憶法」の3ステップ
 ①「基礎」(場所や目印)を用意する。
 ②目次のイメージを変換する。
 ③変換したイメージを結びつける。

●くり返すほど忘れるスピードは遅くなるというのが記憶の性質です。

≪感想≫
いかがでしたか?

「暗記」「記憶」という言葉を目にすると、
苦手というのがすぐに頭に出てきませんか?
特に年を重ねると、覚えたとたんにザルのように
覚えようとしたことが抜け落ちるってことありませんか?

これはまずは、「自分は記憶力が悪い」と
思い込んでしまっているところから改善しないと
いけないかもしれません。

でも、実際そうだから・・・

そういう方に今回紹介する3ステップ記憶勉強術を
ぜひ、実践してみて欲しいと思います。

この記憶勉強術は、
①思い出す→②問いに変える→③ざっくり読む
この3サイクルをひたすらくり返すことで
頑張って暗記しなくていいという記憶・暗記術です。

この3サイクルは本書で何度も何度も出てきます。
文字だけみても、「なんのこっちゃ???」と
思われる方もいるかと思いますが、
詳しく読んでみるとかなり理にかなっています。

本書では実際の資格試験(FP3級)を始めるにあたって
どういう風に勉強を進めていけば、挫折せずに
勉強ができるか?をストーリー仕立てでわかりやすく
書かれていますので、詳細は本書に任せます。

ここで、「目次を読む」というのが出てきます。
よく速読系の本ではよく出てくるキーワードですが、
資格試験でも結局、「目次」なのか・・・と納得します。
とにかく目次だけでも覚えろと言われれば
やってみようかなって思いませんか?
もちろん、目次だけ覚えて合格する試験はないですが、
なぜ、目次を読めば、いいのか?これも読んでみてくださいね!

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 皿回しのイメージでくり返す

≪最後に一言≫

★ 目次をもっと大事にしてみようと思った^^;

≪レビューを見る・購入する≫

暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術/実務教育出版
¥1,512
Amazon.co.jp
最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>