紹介する本はこちら
なぜ、一流の人は不安でも強気でいられるのか?/SBクリエイティブ
¥1,404
Amazon.co.jp
 ≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫
折れない心は「逆境力×希望力」で作れる!不安、ストレスに負けずに
希望を作り出す「レジリエンス」とは?

≪気になる部分の抜粋≫
●ある特定のネガティブ感情が、自分の心の中に強く残って
 くり返されてしまうのは、「ネガティビティ・バイアス」がかかっている
 からです。否定的な記憶や感覚は、より長く強くのこってしまう。(中略)
 さらには、ネガティブな思考や感情は粘着性があり、芋づる式に
 増えることもあります。不安や躁鬱感や無力感を引き寄せ、
 心を疲弊させて、私たちを弱気にさせてしまうのです。

●目標を小分けにすればやる気が高まる
 ①大きな目標までの道のりを、より個別に具体的に「見える化」
  することで、心理的に安心できます。
 ②個別の目標が見えてくると、まずは自分たちでできることから
  取り組むようになります。
 ③目標を小分けにすることは、長い期間をかけたプロジェクトで
  やる気を維持する秘訣になります。

●ウィルパワーを強化するには、小さな挑戦を自分に課すこと、
 スポーツ・運動の習慣をもつこと、ウィルパワーを駆使した後に
 十分な睡眠をとることが考えられます。とくに意志の力を弱める
 「言い訳」をストップさせることはプラスの効果が期待できます。
 ※ウィルパワーとは、目標に向けて意欲を維持する意志の力

≪感想≫
いかがでしたか?

人はそれぞれ、不安やストレスを持っているものだと思います。
超プラス思考で、そんな悩みや不安を消し去れ!みたいな
本を何冊も読んではきましたが、「でもなぁ・・・」って心の奥では
思ってしまうのが、人の常なのか、僕だけの心のクセなのか・・・

それはおいといて、本書ではそんなメンタルの弱い僕に
いろいろと教えてくれました。

本書で、「あなたの足を引っ張る7種類の思い込み犬」というのが
あります。不安に直面すると7種類の犬が住み着いているというわけです。
①批判犬:怒りと不満の原因になる
②正義犬:公正でないことが起きたとき、攻撃系感情を生み出す
③負け犬:ネガティブ感情を生み出す
④諦め犬:行動への意欲を低下させる
⑤心配犬:活力を下げる否定感情を生み出す
⑥誤り犬:自尊心、自己評価を下げるネガティブ感情を生み出す
⑦無関心犬:自分と周囲の意欲喪失の原因となる

以上7種類です。
本書ではもっと詳しく書かれていますし、
巻末には犬の写真の入ったポストカードで、
それぞれの犬に対する考え方というか、
一言コメントが書かれていますので、
それぞれの犬が現れたときは、呪文のように
つぶやくと心がいくらか楽になるかもしれません。

強気でいられるのは、「自信」だったり、
「信頼」だったり、そういうのが根底にあって、
生まれるのかと思っていますし、ある程度の
「割り切り」なども必要かと思います。

ちょっと横文字が多いかなぁって思いますが、
それぞれについてきちんと説明があるので、
「逆境力」と「希望力」を身につけたいと
思われる方は一読されてはいかがでしょうか?

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 助けられ上手になる!

≪最後に一言≫

★ 不安でも強気でいられるとは、ハッタリをかますと違うね^^;

≪レビューを見る・購入する≫

なぜ、一流の人は不安でも強気でいられるのか?/SBクリエイティブ




最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>