紹介する本はこちら
出口汪の論理的に考える力が身につく本/SBクリエイティブ
¥1,080
Amazon.co.jp
 ≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫
社会人も2年目に突入し、少しずつだが仕事もまかされるようになったOLゆい。
彼女の課題は、“もっとうまく仕事をやれないか”と“どうしたら「できる人」になれるのか”だった。
そんな彼女の前に『「論理力」がカギ』という伝説のカリスマ講師出口先生が現れる。
果たして彼女は「論理力」をつかむことができるのか?
イラストには『マンガで分かる心療内科』シリーズで大人気のソウ氏を起用。
対話形式で楽しく読めて、しかも一生使える「論理思考」の決定版。

≪気になる部分の抜粋≫
●人を引き込む話し方のポイント
 ①第一声を大切に
  出席者の前に立ったら、すぐに話を始めないで、ざわつきが収まり、
  みんなが発言者である自分に注目するまで待つ。
 ②前置きは短く
  形式的なあいさつや常套句は切り捨てて、いきなり本題に入って
  しまってかまわない。
 ③上手に間を取る
  ここで集中をもう一度高めてほしい、きちんと耳を傾けてほしい
  というときには、一呼吸、間を置いて出席者の注意を自分に向ける。

●記憶が定着するには4つの条件がある
 ①一度、どこかで見たことがある
 ②理解している
 ③反復し、定着させる
 ④使いこなす
 知識を得るには、論理は不可欠。
 「論理」と「知識」は考えるための車の両輪である。

●日常の中でも、他の人はどんな角度から見ているんだろうと
 考えてみる必要がある。


≪感想≫

いかがでしたか?

そもそも「論理的」って、どういう意味なんでしょう?
「ロジカルシンキング」という言葉もよく聞き、その
「ロジカル」と同じ意味だと思っていますが、
知ったかぶりで使うのもどうかと思いますので・・・

論理的:①論理に関するさま
     ②論理にかなっているさま、きちんと筋道を立てて考えるさま

「論理」ってなんやねん!っていうことになると、この説明の中では、
「きちんと筋道を立てて考えるさま」が一番わかりやすいか^^;

「論理的」と「理論的」は違うの???

お~もう、本の内容とかと関係ないのでは・・・
ということで、気になる方は調べてくださいね。

本書の中に「人間は基本的に主観でしか物を捉えることができない」
という記述があります。

どういうことかというと、
同じキレイな夕日をみても、

「美しさに心が和む人」もいれば、

「寂しくなって涙をこぼす人」もいる。

では、相手はどんな側面からこの事象をみているのか?を
理解していないと通じ合わないですよね。

そこで、本書が対話形式で分かりやすく
論理的に考える力を身につける方法提示しています。

僕が即実践できそうなのは、
新聞のコラムを読むこと!
一面の下に書かれていますよね。
著者いわく、それぞれの新聞のコラムは時事問題などを
論理的に説明している。
考える力を身につけるには、論理的な文章をまず読むこと!
だそうです。皆様も新聞を取っている方で、コラムや社説は
読んでいないという方は、明日から即実践してくださいね^^

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 新聞のコラムを読む!

≪最後に一言≫

★ この書評は、論理的でなく、感情的か、はたまた・・・・・

≪レビューを見る・購入する≫
出口汪の論理的に考える力が身につく本/SBクリエイティブ
¥1,080
Amazon.co.jp



最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>