紹介する本はこちら
研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」 (DOBOOKS)/同文舘出版
¥1,512Amazon.co.jp
 
≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫
企業やエージェントに取材して、はじめてわかった!年間100日以上登壇するための、マーケティング戦略、営業戦略。講師の大競争時代に、エージェントのプロデューサーが教える、「売れる講師」「選ばれる講師」になるための方法。

≪気になる部分の抜粋≫
●「自責視点」をもつこと
 企業研修は、ある決められた時間に、ある学習目標に到達するための
 「場」です。そこで講師から時々聞かれる残念な言葉が
 「今日は時間がないから、はしょります」
 「事務局からの依頼で、お伝えしたいことを伝える時間がない」という発言。
 この言葉を聞いた受講生は、ガッカリすることでしょう。なぜならば、
 はしょった部分に何か重要な話や要点はなかったのか、という
 不安や疑問に思うからです。(中略)
 結果としてはしょったとしても、その言葉を出さず、そう感じさせない
 運営をすべきでしょう。講師は、時間が足りなくなったことについて、
 当初から十分な時間を与えられていないケースを含め、自分自身の
 責任で運営するスタンスが求められるのです。
 事前の企画・設計、当日のリスク対応、事後のフォローを含めて、
 研修にまつわる事項はすべて「自分の責任である」というマインドをもち、
 その責任を取るために対するアクションが取れること。
 それが講師に必要な「自責」マインドです。

≪感想≫
いかがでしたか?

「研修」「セミナー」「講演」などいろいろ呼び方がありますが、
一応、本書ではそれぞれを定義づけしています。
詳しくは本書で確認してもらうということで、皆さんも
なにかしら「研修」や「セミナー」には参加したことがあると思います。

有料・無料、強制・自発的などなど、ピンからキリまでありますよね。

「セミナー」という響きは、一種の怪しい団体の開催しているという
イメージをもってしまうかもしれませんし、1回(1クール)で
何万、何十万というセミナーもありますよね。
お金を出したら、元を取らないととう心理で真剣に聞く。
無料や強制のセミナーや研修はイマイチ真剣になれないって
ことはないでしょうか?(僕だけ?^^;)

僕も仕事関係の研修などはもちろん、
自発的に参加した研修などもあり、
多種多様な研修等に参加しました。

そこで、カギを握るのは、当たり前ですが、「講師」です。

この講師のやり方次第で、強制で無料であっても
結果的に心に響く研修もあれば、その逆もあります。

僕の一番苦痛だったのは、介護系の研修で、
「大きな声」「一本調子」「マイクの調子が悪い」
こんなのがありました。もう内容は全然入ってきません。
聞き苦しいという思いが頭を駆け巡っただけのことを覚えています。

「講師」というのは、与えられた時間でいかにして、
参加した人の問題解決をし、満足度やテンションをあげるのか?
もちろん、その後は、参加者の実践あるのみという部分ですが、
そのナビゲーションをするのが「講師」です。

本書では、前述した「研修」や「セミナー」とは?
という総論から、実際に講師になるには?
なってからリピートされ、呼ばれるには?など
研修講師を志している人には役立つ情報が満載です。

「講師」を職業としなくても、
社内研修で講師役をする、プレゼンをするなど
身近な役割を与えられたときにも参考になる部分は
多いと思われますので、「講師」を目指さなくても
一読の価値はありますし、読んでから、「講師がしたい!」と
思うかもしれませんので、限定せずに読んで頂きたいですね!

«1Book 1Action (この本から1つ実践すること)»

◆ 選ばれるための戦略を考える!

≪最後に一言≫

★ 選ばれるために、あえて狙う部分と狙わない部分ってあると思います!
  (あいまいですみません・・・^^;)

≪レビューを見る・購入する≫

研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」 (DOBOOKS)/同文舘出版
¥1,512Amazon.co.jp



最後までお読み下さり、ありがとうございます<(_ _)>